本当に効果

バストアップって本当に効果があるの?

効果を早く出したい方に注目されているのが美容整形や豊胸手術です。
豊胸手術は費用もかかりますし、術後の授乳やモンモグラフィーなどは可能なのか、痛みはないのかなどの面から躊躇されている方も多いのです。
早く出すためにはこの方法が一番ですが、なかなか踏み切れないという方が次に検討されてきたのが脂肪やヒルアロン酸の注入などです。

豊胸手術よりはリスクが少ないとされる方法です。バストアップするといわれている有名なものから検証してみたいと思います。
効果0~5という数字で判断させていだきます。

・肉を食べる
【3】これは嘘ではありませんが、成長期に限り効果が期待できます。
成人の女性が食べ過ぎると胸以外の部分つきやすく太ってしまう事もあります。

・キャベツを食べるとバストが大きくなる
【5】生キャベツを食べる
加熱してしまうと効果がある「ポロン」が消滅してしまいますので無意味になります。

・大豆を食べる
【5】大豆にはイソフラボンが多く含まれており、バストアップ効果が期待できます。
豆乳などで摂取することもおすすめです。

・ザクロを食べる
【2】バストアップ効果が期待できる成分は含まれていますが数個では効果が期待できません。
食べるなら数十個必要になってしまいます。

・水泳をする
【5】大胸筋を鍛えることができますので筋肉量が増えバストのサイズアップに効果的です。

・うつぶせで寝る
【0】 全く効果ありません。

・矯正下着をつける
【1】 バストアップとしては効果0ですが、バストの形を良くする効果は期待できます。

・赤外線を当てる
【0】 バストアップとは全く関係ありません。

・バストアップのクリームを塗る
【4】プエラリアなどの有効な成分が含まれていれば効果は期待できます。
含まれている有効成分によっては無意味なものもあります。

・ストレスのない生活を送る
【3】ストレスは女性ホルモンの分泌に左右されますので、全くないとはいえません。
ヒルアロン酸は元々体にある成分であるため、ダメージが少なく済むのです。
また自身の気になる体の箇所から脂肪を吸引して胸に注入する方法です。

ご自身の要らない脂肪を必要な部分に注入するのです。
しかしながら吸引した箇所の痛みを感じることがありました。
早いバストアップ効果を得るにはリスクが付きものでもあったのですがここ数年で美容技術は更に進歩し光豊胸という方法があります。
特殊な光でバスト内の脂肪細胞を豊かにし、クーパー靱帯などを活性化させることで安心安全にバストアップができるというものです。
これは自然細胞を育てる方法で豊胸手術やヒルアロン酸挿入とくらべると即効性はおちますが体への負担を心配される方ならばこちらの光豊胸をおすすめします。
こちらのバストアップに効果的なレシピについても参考にご覧ください。

このページの先頭へ